【カマグラ vs バイアグラ】効果や値段、違いはどこ?

【カマグラ vs バイアグラ】効果や値段、違いはどこ?

カマグラとバイアグラ、効果や副作用、飲み方は同じ

EDの場合には、直ちに何らかの対策を立てなければなりません。このとき重要になるのは、ED治療薬を利用することです。

残念ながら一般的なドラッグストアなどでは販売されていませんが、専門の病院に行くことで処方してもらえます。それ以外でも、個人輸入をすることで比較的簡単に手に入れることができます。まずは情報を調べてみることが大事です。

ED治療薬の中で一番有名なものの一つが、バイアグラになります。それ以外でも最近は、カマグラと呼ばれる商品が出回っています。バイアグラは、別名シルデナフィルと呼ばれているものです。これは飲みはじめてから30分から1時間ぐらい経過すると本格的に力がみなぎってくる感覚があります。力がみなぎるといっても、下半身だけですので筋力アップなどをするわけではありません。

1日に飲める量は1錠ですが、これはカマグラでも同じことになります。

いずれもPDE5を阻害するcGMPは含まれており、勃起の妨げとなるものを排除することに成功しました。

もともとは、心筋梗塞などに使う薬でした。臨床試験の過程で、勃起不全の改善にも効果が見られたため、適応症を変更して研究開発が継続されました。結果的に、勃起不全の改善に十分な効果が得られたため、あらためて勃起不全治療剤として発売が決まった経緯があります。

カマグラとバイアグラの違い・製薬会社や国からの認可の有無

ED治療薬の双璧となっているこの2種類の薬になりますが、それぞれの違いはいったいどのようなものでしょうか。

まず、国が違います。ガマグラはインドで生産されている薬です。アジャンタ・ファーマ社が製造しており、有効成分の開発などを行っており信頼できる会社の一つと言えるでしょう。アジャンタ・ファーマ社は世界的に見ても信用がある企業です。

一方で、バイアグラはアメリカの会社のなかでも有名なファイザー社が製造しています。安全性は非常に高く、日本でも1990年代後半から輸入されはじめ少しずつ広がりました。

バイアグラは、実際に使い続けて特に問題がないことがわかると、多くの人が普通に使いはじめるようになった経緯があります。

カマグラは個人輸入で購入することになるので、国内でバイアグラよりも安価で購入できます。バイアグラは国の認可がとれていますので、日本でも処方されています。カマグラは、個人輸入で購入する場合は、とても安価で購入できます。

値段重視ならカマグラ、安心重視ならバイアグラを選ぶ

カマグラとバイアグラの2種類があります。安全性でいえば、厚生労働省の認可が出ているバイアグラの方が一歩上といえるかもしれません。

製造している国の違いといえるかもしれません。ただ、強いカマグラも特に問題なは報告されていません。心臓病や動脈硬化などの薬を飲んでいる場合などを除けば、特にそれほど服用して問題があることはないです。

ただ、場合によっては動悸などを感じることもあります。その時は服用をやめる必要です。価格面では、若干カマグラの方が安い傾向にあります。どちらを選ぶかは最終的にその人の価値観の問題になるといえるでしょう。

病院で処方されるのはバイアグラのほうですが、個人輸入ならばどちらでも手に入れることが可能です。個人輸入の場合、個人輸入代行を使うことにより面倒な手続きを一切省くことができるのです。

カマグラは、後発品として知られており値段が安くなっているのが大きな魅力になります。1個100mgと50mgの2種類が用意されていますので、まずは100mgを選んでみると便利です。