【カマグラの作用・持続時間】効きはじめは?いつまで勃つ?

【カマグラの作用・持続時間】効きはじめは?いつまで勃つ?

カマグラを服用すると、30分から1時間で効果が出る

カマグラを服用して効果が出始めるまでの時間は、一般的に30分から1時間位とされています。これは有効成分シルデナフィルの働きによるもので、次第に勃起を促進する効果が発揮発揮します。

30分から1時間というのは、シルデナフィルが最高血中濃度に達する時間でもあります。性行為の1時間前位に服用するのがベストです。食事のあとだと効果が半減したり発揮されにくくなるので、より確実に失敗を避けたいなら空腹時に飲む必要があるでしょう。

30分から1時間は、あくまでも臨床試験に基づいた目安です。しかし、このように時間の幅があって個人差が影響します。

勿論、飲食や飲酒の状況も関わってくるので、確実に1時間以内に効果が現れるとは限らないです。特に肉や油ものを食べた後は、カマグラの吸収性が落ちてしまうので注意が必要です。

吸収されにくくなってしまう理由は、肉などを食べると胃に油の膜が生じます。カマグラは、この膜を通過できない点にあります。つまり、食事による油の膜が吸収を妨げてしまいます。効果が現れるまでに余計な時間が発生したり、効果が落ちて実感しにくくなるわけです。

失敗なくカマグラを活用したいのであれば、食事は控えめにするか空腹を保ちましょう。また、油ものは控えるのが賢明です。

カマグラを飲んだあと、3時間半から4時間ほど効果が持続する

カマグラの効果が持続する時間は、大体3時間半から4時間くらいです。したがって、これが目安となります。専門的な言い方だと消失半減期というもので、1時間くらいで血中濃度が最高に達してから、4時間ほど掛けて血中濃度が0に向かいます。

つまり、カマグラに含まれる有効成分のシルデナフィルは、30分から1時間で最高血中濃度になり、3時間半から4時間で効果が切れるイメージです。持続時間は決して短くありません。もっと長く楽しみたいのであれば、より効果が長持ちする薬が代替候補となるでしょう。

しかし、大抵は3時間半から4時間で十分かと思われます。カマグラを含めシルデナフィル薬は多くの人達に愛用されています。持続時間は言うまでもなく目安です。実際は、もっと早く効果が切れるかもしれません。逆に長く続くこともあると思われます。

絶対に失敗したくないのであれば、目安の持続時間よりも早めに性行為を終わらせるのが無難です。満腹状態や胃の内容物で、効果の発現と持続する時間が変化します。理想的な服用条件は服用前に油ものを摂らず、空腹時に飲むというものです。

アルコールは飲めますが、あまり飲み過ぎると薬の働きに影響します。安定的な効果を実現する為に飲み過ぎは禁物です。

カマグラには性的興奮を増す作用はない

カマグラを飲むだけで性的興奮が得られる、これは良くありがちな誤解です。カマグラの成分シルデナフィルは、勃起を促すもので性欲増強作用は持たないです。

薬を服用した後は、性的刺激が発生して始めて勃起状態へと移行します。つまり、飲むだけで勃起することはありませんし、性的刺激なしで勃起が持続することもないといえます。

カマグラは、体内で環状グアノシン一リン酸、通称cGMPの分解をしている活性酵素、PDE5の働きを阻害します。その結果、陰茎周辺にあるNO作動性神経に働き掛け、血管拡張作用により血流量が増えて勃起に至ります。

勃起不全患者は、性行為の前にカマグラの服用を行うことで、性行為中の勃起状態が保てやすくなります。ただ、性欲増強に関係する作用は全くありませんから、性的刺激を受けても興奮しない場合は効果に期待できないでしょう。

それでも、勃起状態が改善して自信が持てるようになれば、次第にカマグラの勃起を促す働きの実感が得られます。ストレスや気持ちの落ち込みで性行為に支障がある場合は、内面的な状態の改善も並行して行う必要があります。

カマグラは、性的なもので興奮はするのに勃起がうまくいかない、という人にとって、スムーズな勃起を促してくれます。