カマグラの副作用

カマグラの副作用

カマグラの副作用で最も多いものは?

カマグラの副作用で最も多いものとしては、頭痛と鼻炎です。
他には、血管拡張によるほてりと顔の赤みが生じやすいと言われています。

バイアグラの海外での臨床試験では消化不良も認められていますが、日本国内では頭痛と鼻炎の割合が多い傾向です。

カマグラを使用して頭が痛くなった場合は、抗炎症作用を持つ鎮痛剤を服用する解消します。これは医療機関も認めている対処法なので、服用時に頭に痛みを感じたら鎮痛剤の服用がベストです。

鼻炎は、鼻の血管が収縮して落ち着くのを待つのが賢明です。
あまりに長引いたり症状が改善されない場合は、掛かりつけの医師に相談して薬を処方してもらうのが良いでしょう。

脳内の神経が圧迫されることによる症状が出たりするので、カマグラの副作用には注意が必要ですが、良くある症状については問題ありません。

カマグラは医薬品です。副作用について良く理解した上で服用を行うことが求められます。何が良くある症状なのか理解する意味でも、発症率の高い副作用や対処法を把握しておきましょう。

カマグラは胃腸などの消化器官への副作用が出やすい

カマグラは胃腸などの消化器官にも影響するので、当然ながら副作用が発生したりします。
胃腸の不快感や下痢に消化不良などがです。陰茎以外の平滑筋に影響するのが原因となります。平滑筋とは筋節のない筋肉のことです。血管と膀胱や子宮と、それに管状や袋状の器官の壁部分にあります。

消化器官では消化物を運ぶ為に存在しており、この筋肉の活動が胃腸と連動しています。カマグラを服用すると、平滑筋が弛緩して海綿体への血流量が増加しますから、そのメカニズムを用いて勃起を促しているわけです。

しかし、同時に消化器官の筋肉も弛緩してしまうので、結果的に消化不良が発生したり不快感に結びつきます。対策はやはり胃腸薬を飲むことで、医療機関なら最適な薬を出してもらうことができるでしょう。

市販の胃腸薬でも代用は可能なので、受診まで我慢できない時は、身近にある市販薬が対策方法となります。本来、この副作用にはプロトンポンプ阻害剤が用いられますが、市販薬には存在しないので代替が必要です。

ファモチジンのように、胃酸を抑える成分の他、H2ブロッカーやM1ブロッカーと呼ばれる市販薬が該当します。カマグラが作用するメカニズムの都合上、影響を受けることは避けられないので、このように胃腸薬で対策するのが現実的です。

カマグラを飲むと視界が青くなることがある

カマグラを飲むと視界が青くなります。これは幅広く確認されている副作用で、青視症と呼ばれているものです。

PDE6は主に網膜に存在している酵素です。眼球に入った光が信号になって視神経を通り脳に伝わります。

その伝達に作用するのがPDE6で、カマグラを服用するとPDE6の働きが阻害されてしまいます。それが副作用の1つ青視症が発生する原因です。他にも眩しく見えるといった視界の影響があります。

視界が変化する青視症は心配です。症状は一時的なものですから、時間が経過することで後遺症なく治まるはずでしょう。ただし、運転を行うのは危険なので、直ぐに行動は行わずしばらく時間を置きましょう。

もし症状が現れた場合は、必ず掛かりつけの医師の元を訪れて、診察を受けることが大切です。緑内障などの治療を受けている人は、病院でカマグラを服用していることを伝えましょう。

というのも、この薬には複数の併用禁忌薬が存在しています。点眼薬の使用で問題が起こる恐れがあるからです。目に入る点眼薬の成分が0.03ml程度であっても、併用禁忌薬はリスクが高いので要注意となります。

視界が青くなる変化はあり得ます。他に服用している薬があったり症状が長引くようであれば、症状が落ち着いてから医師に相談しましょう。