カマグラの飲み方

カマグラの飲み方

カマグラは1日1錠だけ服用する

カマグラの正しい飲み方は、添付文書によると基本的に1日1回100mgを1錠となっています。しかし、これは外国人の体格から導き出されている用量なので、日本人からすると少々多めです。

用量が多いと感じた場合は、いわゆるピルカッターを使って分割することが可能です。ピルカッターは市販されており、国内でも手軽に購入できるので、1つ持っておくと便利です。単純にカマグラ錠を半分に分割すると、半錠あたりの成分量は50mgとなります。

正確には完全に半分ではありませんから、約50mgとするのが正しいといえるでしょう。更に分割すると25mgになるので、50mgを服用したなら半分、75mgなら半分と4分の1錠で飲むことができます。

カマグラの服用は原則1日1回で、次回の服用には24時間の間を開ける必要があります。また、服用の際には薬剤の吸収や働きに影響を与えない、水やお湯などで飲むのが無難です。

ジュース類は可もなく不可もなくですが、グレープフルーツは血中濃度を上げてしまうので要注意です。お茶類はノンカフェインなら心配無用で、デカフェタイプのコーヒーもありだと思われます。

ただ、用量や飲み合わせは大切ですから、1日分を良く考えて安全に飲むことが大事です。

カマグラは空腹時に服用することで効果を増す

カマグラの効果を引き出したいのであれば、吸収されやすい空腹時に服用するのが1つの方法です。また、食事を摂るなら、油分の少ない料理を中心にいただくのがポイントです。

食後の服用はかなり働きが落ちますから、なるべく空腹時に服用することを心掛けるのが良いでしょう。作用時間は服用後40分から1時間経過後なので、性行為の1時間前が服用のベストタイミングです。

食事との相性がとても重要です。食事は前もって早めに済ませたり、性行為の後にいただくのが無難となります。食後に服用すると、カマグラの効果が発現するまでの時間が延びます。1時間前よりも更に前に口にした方が安心です。

カマグラは、他のタイプのED治療薬よりも食事の影響を受けやすいですから、食事との相性やタイミングには気をつけることをおすすめします。揚げ物などの油分の多い食べ物は、食後2、3時間が経過してもカマグラの吸収に影響してしまいます。

時間を置いて空腹になっても、油分が胃腸に残っていると期待の効果が得られないわけです。失敗の多くはこの食事内容にあります。カマグラの服用で失敗に心当たりがある人は、服用前に食べるものの油分に目を向けてみましょう。

カマグラが効きすぎた場合は分割して飲む量を減らす

カマグラの効果を正しく減らせない場合は、飲み方を見直したり用量をへらすのが賢明です。日本国内で流通する先発薬は25mgと50mgですから、100mgで流通するカマグラは日本人にとって多すぎです。その為、1錠を半分か4分の1に分割すると、用量的に丁度良い数字になります。

100mgの服用で効きすぎと感じるのであれば、分割して25mgから試してみるのがおすすめです。アルコールは薬の服用に可能となっていますが、飲みすぎると神経の伝達に影響するので気をつけましょう。

勃起が難しくなったり射精がうまくできないなど、折角のカマグラの効果が台無しです。油分の摂取も同様のトラブルを生じますから、性行為前のカマグラ服用時には、油ものを口にしないのが原則となります。

アルコールにはリラックス作用があるので、適量を嗜む程度なら大丈夫ですが、緊張を解すのに飲みすぎるのは禁物です。また、カマグラをお酒で飲むと血圧が下がるので、貧血気味の人はふらついてしまう恐れがあります。

足元が不安定になったり、性行為どころではなくなります。貧血気味の人やお酒に弱い人はアルコールを避けるのがベターです。